だれか ここから つれだして
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

46億分の1秒前の世界
 
僕たちが見ている世界は、
少しだけ過去のもので、
46億分の1秒前の世界らしい。


調べてみたら、
目から30センチ離れたところを知覚するのに、
10億分の1秒のタイムラグが生じるらしい。


じゃあ、脳みそは付いていけてないみたいだけど、
僕の身体は、見ている世界よりも
46億分の1秒先にいる、未来人だね。




前に、誰かと話し合ったことがある気がするんだが。
「美しい」と思う感情はどこからやってくるのかな。
どういう必然性をもっているのかな。
どういう必要性をもっているのかな。


僕らは均整のとれたものを美しいと思う事が多い。
例外をあげればキリがないとは思うが、
均整のとれたものを好む、事が多い。

だって、僕が今キーを叩いているパソコンは、綺麗な長方形をしている。
けして自由自在で流動的な形はしていない。

人間はシンメトリーを好むのか。


しかし、だ。
シュールレアリスムが自我を超越して、
人間の本質を抉りだそうと苦悩して生み出した作品の数々は
けしてシンメトリーではなく、
むしろアシンメトリーを追求したような形。

人間の本質はアシンメトリー?
人間自身だってアシンメトリーだしな。


むむむむむむむむ。
結局美しいと思う感情はどこからくるのかわからない。



人間が「美しい」と思う時の脳波とか調べている科学者がいそうだ。
まぁ、その辺は理系のみなさんにお願いしよう。





あのね、
言いたかったのは。

「どうしてダイヤモンドってあんなに高いんだろうね?食べられないのに」

て言葉に衝撃を受けたんだってこと。
no title
ココロガコワレソウ

ガラガラトオトヲタテテ
それだけ。
 

だれにも届かない想いが溢れてる


宇宙空間にポンと投げ出された感覚


一人になったんじゃない

望んだこと。
たまに
 

すべてを 壊したくなる
自分が生きてきた道 すべてを